消費者金融、キャッシングとカードローンの違い

消費者金融、キャッシングとカードローンの違い

お金を借りたいと思っているものの、キャッシングにしようかカードローンにしようか悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。どちらもお金を借りるという意味では同じですが、自分に合っている方を選択するためにも、これらの違いについてご紹介します。

まず、サービス内容についてですが、これはほとんど同じです。 名前が違うので何か大きな違いがあるのではないかと疑問に思っていた方もいるかもしれませんが、現在はほとんど線引きのない状態となっています。

キャッシングは、小口の融資が多く、消費者金融で取り扱われていました。 消費者金融といえば、賃金業法が改正された際に過払い金の問題が発生し、多くの業者が倒産したことでも知られています。

その際に、大手の銀行が消費者金融を吸収したケースも多く、消費者金融と同じくキャッシングサービスも行われていったのです。

ですが、過払い金というもの自体あまりイメージの良いものではないですよね。そのため、銀行側が消費者金融を吸収してサービスを行っていくとしても、キャッシングという言葉を使ってしまうと消費者金融にイメージが結びつき、印象が悪くなってしまう可能性がありました。

このような理由からカードローンという言葉が誕生したのではないかとも言われています。 カードローンのサービス自体にも違いがあります。
消費者金融の借り入れ(・延滞)履歴はいつまで残るの?

例えば、消費者金融のキャッシングに比べて金利が低いということ。それから、消費者金融からの借り入れは総量規制の対象となりますが、銀行のカードローンは対象外です。審査も銀行の方が厳しく、増額の審査も厳しいとされています。

このような違いがあったものの、現在は消費者金融でもカードローンという名称で商品を提供しているところも増えてきたため、違いはほとんどなくなりました。

そのため、 カードローンといえば金利が低いもの。 キャッシングの方が審査が甘い。 名前だけでこのように判断している方は注意が必要です。

パート&アルバイトのキャッシング

お金が足りなくなってしまうのはなにも正社員の方だけではありませんよね。 パートやアルバイトの方もお金が足りなくなってしまう機会はあるはずです。

ですが、正社員でなくてもお金を借りることができるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。結論から言ってしまえば、正社員として働いている方でなくてもキャッシングすることは可能です。

消費者金融は安定した収入がある方ならば会社員に限らず、融資を行っています。ただ、働き始めてから間もない方などは難しいと思っておいた方が良いですね。勤続年数がそれなりにあればパートやアルバイトでも問題なく審査に通るケースがほとんどです。

正社員と比べるとどうしても弱いですが、必ずしも正社員でなければキャッシング審査に通らないというわけではありません。

注意しなければならないこととして、借りられる金額は総量規制によって決められています。 法律上では年収の3分の1の金額までしか借りることができないため、この金額の範囲内で利用していくことになるわけです。

パートやアルバイトとして働いている方の中には、年によって収入にムラがある方もいますよね。例えば、去年は200万円稼いだものの、今年は150万円くらいしか稼げないという方もいるはず。

そのため、消費者金融側でも収入が年によって違う可能性を考慮しています。安定した収入を得やすい正社員に比べて、パートやアルバイトの方は総量規制によって定められている借入可能上限額まで借りるのは難しいかもしれません。

また、中にはまだ働き始めて数ヶ月という方もいるでしょう。 総量規制の上限は年収の3分の1と定められているのですが、働き始めて1年未満の方はどのように決まるのでしょうか。

この場合、働いている期間の平均金額を算出し、そこから年収を予想して総量規制による上限額が決められることになります。

パートやアルバイトで大きな金額を希望すると通らない可能性が高くなってしまいますが、利息制限法によって定められている上限金利のことを考えると、10万円以上を設定しておいた方が良いです。金利は10万円以上が18%、それ以下となると20%となってしまいます。

銀行キャッシングと銀行系キャッシング

キャッシングサービスを提供している企業には色々な種類があり、特性がそれぞれ異なります。消費者金融や、クレジット系キャッシング、銀行系キャッシングに銀行キャッシングです。その日のうちに融資を必要とする場合は、申し込みから借入れまでのスピードが大切です。

消費者金融はスピードに優れている事が多く、審査のハードルも比較的低めですが、金利が高く設定されているのが特徴です。銀行系キャッシングはサービスも豊富でスピードにも期待できます。

銀行キャッシングはメガバンクや地方銀行が行っているカードローンとなり、送料規制対象外のために専業主婦でも利用できるのが特徴です。

ただし借入れ審査はハードルが高く、時間がどうしてもかかってしまうのがデメリットとなりますので、なるべく早く融資を受けたい人や、手軽に借り入れたい人にとっては使い辛いのも事実です。

同じ「銀行」と名前が付いても、銀行系キャッシングはまた特徴が変わってきます。借入れ審査に掛かる時間は短くて済むところも多く、即日キャッシングが期待できる会社も豊富です。

企業によっては申し込みをしてから融資額決定までの時間が30分程度で終わるといったところもあります。但し「銀行キャッシング」と違い、年収三分の一以下しか融資を受けられないという、総量規制に当てはまりますので注意が必要です。

銀行キャッシングはスピードに期待はできませんが、総量規制外だという事がメリットといえます。銀行が持つ信頼性やプラン活用サポートがあるという事がその理由になりますが、まとまったお金の融資を受けたい人にとっては助かるサービスです。

とはいえどんな人でも銀行キャッシングを利用できるかといえばそうではありません。年収制限のある銀行が大部分を占めます。銀行キャッシングのハードルは高めですが、実質年利が低いという点は大変大きなメリットです。銀行キャッシングの審査をパスできれば、他のキャッシング企業よりもお得に借入れができるでしょう。

時間を気にせず審査を受ける事のできる人は、銀行キャッシングを活用するのがいいと思いますが、銀行系キャッシングも他のキャッシングサービスと比較すると、良い点は少なくありません。

銀行キャッシングと比較すると高くなってしまいますが、他のキャッシングサービスよりも年利は抑え気味な部分です。借入れまでのスピードや低金利という点を考えると、銀行系キャッシングは銀行キャッシングと比較しても負けないくらいのお勧めのサービスだと言えるでしょう。

レイクのサービスの特徴

このページの先頭へ